ジオマーリン

仕様を公開してアドバイスを受けながら geomerlin.com を構築していくスタイル。このシステムではデータサイエンスと人工知能技術により地政学リスクを算出しています。

Liskの現状と将来 Dappは作りやすいか?

f:id:geomerlin-com:20170812191834j:plain

Liskはスマートコントラクトが実行できるブロックチェーンです。 実際手を動かして調べたことをまとめます。

 

geomerlin-com.hatenablog.com

 


前の記事でEthereum上のコーディングを検討していると言いましたが、簡単に言えば自然言語処理コードをブロックチェーンで動かすアイディアの実装方法で迷っているという話です。

Ethereumをプラットフォームとして調べると言うことは、Liskも調べるということになります。

ほぼ、同じ方向を向いているプロジェクトだからです。

 

結論から言えば、

①EthereumとLiskは今のところ比較にならないくらいの差があります。

2014年から始まったEthereumと2016年に始めた時期が全然違うので当然ですが、Ethreumのスマートコントラクトはもう動いていますし、送金も頻繁ですが、LiskはスマートコントラクトのAPIをまだリリースしてすらいない上に、送金がないブロックばかりです。

②Liskの価格は1年以内にどんどん上がります

なぜなら、スマートコントラクトのAPIリリース(ver 1.0.0)が直近(〜秋)である上に来年5月にまた半減期が入るからです。

 

ではEthereumとの比較ですが、 

共通点は

①スマートコントラクト(Dapp=分散アプリケーション)

②独自通貨の実装

③Power of Stakes

です。

 

よく言われる相違点は

①Liskはサイドチェーンだからセキュリティ上Ethereumよりよろしい、さらに手数料を自分で設定できる。

②Liskのブロック生成は10秒に1回なので取引が速い

③LiskはJavascriptで書かれているから、既存プログラマーに優しい

みたいなところです。

 

ではLiskの現状を整理しますが、

①Liskはまだブロックチェーンのマイニング・送金の安定を目指している段階

Lisk Development Roadmap – Lisk Blog

これを見れば分かりますが、この数段階のうちの最初の段階です。

Ethereumが苦労した第二フェーズはLiskで言うところの第3段階ですから、これから苦労するのかと。

ちなみに今はliskのブロックチェーンブラウザ見ると分かりますが、取引0のブロック多いので、スケーラビリティの問題に直面するのは、まだまだ先になりそう 

スマートコントラクト付きのフェーズにはver1.0.0のリリースで突入し、それはQ3かQ4のはじめつまり秋ごろになりそうとか。つまり秋に1回価格上昇が期待できます。

 

②ドキュメント不足!!

Liskの中で一番よいDappのチュートリアルがこれ

Lisk - DApp in 10 minutes [OUTDATED] - Lisk Forum

内容は期限切れになって久しいと思われますが、これよりマトモなチュートリアルを見つけるのが非常に難しく、アプリケーションを簡単に作れる状況にないことは明らか。

そりゃそうですね、スマートコントラクトがまだAPI実装されてないので、作るならサイドチェーンを自分で改造しないといけないわけですから、そこまでしてLisk選ぶのは少数。

 

そして、Ethereumはその通貨Ethと独自トークンの関係がすっきり分かりましたが、Liskはサイドチェーン上のLiskの扱いに不明な点(githubのREADME読んでも分からない点)が多いです。

Lisk · GitHub

 

そして公式ドキュメントの404(リンク切れ)の多さ。

正直これには少し疲れてしまった。

べつにスマートコントラクトなんてなくても、チェーンとP2Pさえあれば独自通貨もDappも作れるつもりだったので、自力でコーディングするつもりでしたが、Lisk側は今の状態で使ってもらう気はあまり無いようです。

 

③実用例は一応もうあるらしい

battlechain.com

 

Liskベースのゲーム用のプラットフォームらしいです。サイドチェーンをイジれさえすれば、手数料も自由に決められるので場合によってはEthereum上よりも良い物を作れるかもしれません。

GitHub - MaxKK/guestbookDapp: Lisk Guestbook

がLiskの公式サンプルDappなんですが、このgenesisblock.jsonがサイドチェーンの最初のブロックになります。ブロックに書き込むデータをコードのように色々設定すれば任意のデータを合意保存できます。サイドチェーンの情報はメインチェーン(Liskノード全体がつくるチェーン)にリンクのように記録されます。

次のバージョンリリースでは、おそらくこのサイドチェーン上の合意データの作り方が限定されるけど分かりやすくなり、メインチェーンとのやりとりも明確にAPIで行われるのだと思われます。(今はなんでもありなので)

繰り返しですが、現フェーズはメインチェーンの安定期間ですので、Dappのリリースは少なくて当然です。

 

Javascriptにした意味

これはおそらくサイドチェーンを低い学習コストでいじらせるためです。

ここが、Max氏の慧眼なんです。

Ethereumはかなり完成度の高いプラットフォームですが、新しい言語とバーチャルマシンで動くため、自由度の高いことは比較的しにくい。最近スケーラビリティの問題があった際も、「多くのプロジェクトが非効率なコードを書いているから」とVitalik氏が発言していました。

Liskではチェーンが別なので非効率なコードを書くDappプロジェクトがあろうが、メインチェーンにとっては割とどうでもいいですし、メインチェーンと問題を起こさない分、各プロジェクトは好き勝手にサイドチェーンをいじれるのです。

そのとき、あまり知らない言語で創造性を発揮しにくいですよね。好き勝手させるなら慣れている言語に限ります。

 

⑤3月から半減期相場

5月にマイニング(フォージング)報酬が4Liskから3Liskになります。Monacoinの露骨な半減期相場を覚えている方も多いと思いますが、Liskも同様です。だいたい2ヶ月ぐらい前から上昇が加速します。

moneygamexx.hatenadiary.com

個人的にはこれも上手いなと思います。毎年半減期を設定して話題を作るわけですから。

いずれにせよ秋の1.0.0リリース→春の半減期を考えると、かなり安定株な気がします。