ジオマーリン

仕様を公開してアドバイスを受けながら geomerlin.com を構築していくスタイル。このシステムではデータサイエンスと人工知能技術により地政学リスクを算出しています。

ブロックチェーンでグローバル投資はすべての人間の日常になる

知っての通り、暗号通貨(仮想通貨)市場が大きくなっています。

 

今日伝えたいことは、

まず、はじめに暗号通貨はグローバル投資だと言うことです。なぜなら国内投資ではないから。

そして、今まで英語ペラペラの40歳にも難しかったグローバル投資は、これからは高校生も参加してTwitterで自慢するようになるということです。

 

現に今、多くの高校生や大学生が仮想通貨に入ってきています。有名な暗号通貨女子も今夏のリア充期間のちょっと前までは、学校のテストが終わった後に、アメリカ発のリップルや中国のAntsharesのチャートを見ていたりしたわけです。

 

グローバル投資家のジム・ロジャーズの本を読んだ方は、その壮大な世界観に引きこまれたことだろうと思います

www.amazon.co.jp

 

車とバイクで世界一周をし、世界中の国々を投資判断する。作中で、中国の急成長と日韓の停滞を規制・保護主義という観点から予想していました。

経済に対して規制と保護主義は摩擦として働き、停滞させる。もし海外投資ともなると、規制だらけであり、それが多くの人を遠ざけている理由です。

 

具体的には、たとえばデンマーク風力発電の会社に投資したい場合を考えましょう。

日本の松井証券などに申し込む

松井証券デンマークの証券会社のシステムに発注

デンマークの証券会社が取引する

この間に何回手数料を抜かれていることでしょう。また、これほど法律で定められた証券を得るのに、何回身分証明が必要でしょうか。

 

ではスコットランドのStorj社に投資するためにはどうしたらいいでしょうか?

①StorjトークンのクラウドセールにEthereumを送る(以上)

あるいは

②メアドだけでBittrexのアカウントをつくり、btc送金→Storjトークンを得る(以上)

トークンとは暗号通貨のことです。目的が限定されている時こう呼ばれることが多いです。

 

異常なほど簡単です。英語でドキュメント出している会社なら、株式よりもトークンを出そうと言う動きになることは明白ですね。

 

昔NewsPicksでこんな記事とコメント欄がありました。

newspicks.com

ここについていたコメント。

「で、どうやってタンザニアに投資するの?」

 

僕はこれはすごく象徴的だと思いました。日本人ほど世界中の地理や歴史を勉強する国も珍しいようで、アメリカ人がグローバル投資に手を出せるのなら、日本人にも明らかにどこに投資すればいいか分かっているひとは結構いると思うのです。

投資しない理由は、今まで規制だらけで、全てが面倒だったから。

 

さてここで、タンザニアの観光企業がトークンを出したり、タンザニアのIndexにベッグ(連動)したトークンが現れたらどうでしょう?

 

ブロックチェーンプロトコルが世界のネットを覆うことは、本格的なグローバル投資の加速の幕開けを意味します。

僕たちの開発チームでは、どうにかしてこの流れで成功する人間を多数輩出できるコミュニティを作ろうと全力で活動しています。

 

情報をお求めなら、

geomerlin.com

までどうぞ。