ジオマーリン

仕様を公開してアドバイスを受けながら geomerlin.com を構築していくスタイル。このシステムではデータサイエンスと人工知能技術により地政学リスクを算出しています。

サイトを大きく更新 ・・・海外のリスクとネガティブ情報に焦点を絞った

 

geomerlin.comのシステムの目的を「世界情勢を理解しやすいサイト」から「海外のリスク情報を保証するサイト」へと変更した。

 変化を簡単に説明すると、今までのサイトは「マレーシアの最近のニュースを可視化するサイト」だったが、これからは「マレーシアに旅行したりビジネスしたり投資したりしたら、どんな嫌なことが起こるかを表示するサイト」になる。

 

 ここでユーザーが集まり、危険情報を交換できるようにしたい。どの国がリスクが高いかというのは人それぞれ意見が違い、思想・経験の違いが反映されるからだ。

 このサイトのコンセプトは「ユーザーの思想を大切にするサイト」である。

 ユーザーの思想を大切にするサイトには2つのことが必要だと思う。

①思想が反映されるシステムにすること

②思想が役に立つシステムの目的が存在すること

前日のサイトの更新は②が修正されたということだ。

 

 そして地政学リスクの算出にもユーザーの助けが欲しい。それはAugur(http://www.augur-japan.com/)の試みでもある「人間の集合知による意思決定は信用できる」という前提に基づくことになるが。地政学リスクの順序づけさえ、ユーザーコミュニティで行えれば、数値の算出はたやすくニューラルネットワークで行える。「マレーシアとミャンマーどっちが今危ないか」をコミュニティで判断できればよい。

 ここで算出される地政学リスクが信用できる指標として使われることが重要だと思う。これがシステムの目的である「世界のリスクの可視化」を可能にする。